2016年07月31日

以下を参照し、Router on a stickの構成でホストAとホストB間で通信するために必要な設定を選択しなさい。(3つ選択)

【問題】
以下を参照し、Router on a stickの構成でホストAとホストB間で通信するために必要な設定を選択しなさい。(3つ選択)

                                            Router
                                                |
VLAN1-----------------------v1 Switch v2-----------------------VLAN2
A 172.16.1.1/24                                                              B 172.16.2.1/24

A ホストAとホストBに異なるデフォルトゲートウェイを設定する
B ルータと接続しているスイッチのポートにスタティックVLANを設定する
C スイッチにデフォルトゲートウェイを設定する
D ルータにルーティングプロトコルを設定する
E スイッチと接続しているルータのポートにサブインターフェイスを設定する
F ルータと接続しているスイッチのポートにトランクを設定する
G ルータとスイッチ間をクロスケーブルで接続する

【回答】
Router on a stickの構成であるから、このスイッチはL2スイッチである。
またRouter on a stickで必要になる設定は以下の4種類である。

1. ルータに対するサブインターフェイスの設定
2. L2スイッチに対するトランクの設定
3. VLAN1に属するホストに対するデフォルトゲートウェイの設定
4. VLAN2に属するホストに対するデフォルトゲートウェイの設定

3と4からA
1からE
2からF
がそれぞれ導かれる。
なおルータとスイッチ間はストレートケーブルで繋ぐ。
posted by 資格取るマン at 18:35| Comment(0) | 問題

以下のような構成で、ホストAとホストBとの間で通信することができません。この問題を解決するのに必要なデバイスを選択しなさい。(2つ選択)

【問題】
以下のような構成で、ホストAとホストBとの間で通信することができません。この問題を解決するのに必要なデバイスを選択しなさい。(2つ選択)

VLAN2 - Switch - VLAN3

A ルータ
B ブリッジ
C リピータ
D レイヤ3スイッチ
E ハブ

【回答】
異なるVLANを通信させるためにはレイヤ3以上の機器(いわゆるルーティングデバイス)が必要。
よってAのルータとDのレイヤ3スイッチが答え。
posted by 資格取るマン at 17:54| Comment(0) | 問題

トランクポートの設定を確認できるコマンドを選択しなさい。(2つ選択)

【問題】
トランクポートの設定を確認できるコマンドを選択しなさい。(2つ選択)

A show interfaces trunk
B show interfaces switchport
C show vlan brief
D show interfaces vlan
E show trunk status
F show interfaces capabilities

【回答】
AとB。暗記。

CのコマンドはPorts部分にアクセスポートが表示される。
DはVLAN管理インターフェイスの情報を表示
Eは存在しない
Fはスイッチでサポートしている能力(トランクプロトコルなど)を確認するためのコマンド
posted by 資格取るマン at 17:51| Comment(0) | 問題