アルドノア・ゼロの思い出

アルドノア・ゼロをご存じでしょうか?

オリジナルアニメで、ガンダム系のロボットが出てくるものになります。

ガンダムと大きく違うのは、敵キャラが「チート」的なロボットで、味方側がリアル的なロボットだということです。

そのチート的なロボットを、主人公が機転を利かして撃破していくストーリーになります。

中には量子理論を実現して、同時に何台でも増殖するというとんでもないチートロボットもありましたが、あえなく主人公の前に敗退しました。

主人公は特殊な能力を持っているのではなく、ただ頭の良いキャラクターであったのですが、昨今の創作物ではチートが当たり前になってしまっているので、そこから考えると「懐かしい」キャラクター造形でした。

ストーリーの流れとしては、ダブル主人公とヒロインを中心に色々と動いたのですが、僕としてはそこは余り気にせず、如何にチート能力に対して打破・撃破するのか、というところにひかれていました。

またアルドノア・ゼロやってくれないかなぁ・・・。続編希望。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする