CPUと磁気ディスク装置で構成されるシステムで、表に示すジョブA、Bを実行する。この二つのジョブが実行を終了するまでのCPUの使用率と磁気ディスク装置の使用率との組合せのうち、適切なものはどれか。ここで、ジョブA、Bはシステムの動作開始時点ではいずれも実行可能状態にあり、A、Bの順で実行される。CPU及び磁気ディスク装置は、ともに一つの要求だけを発生順に処理する。ジョブA、Bとも、CPUの処理を終了した後、磁気ディスク装置の処理を実現する。

【問題】

CPUと磁気ディスク装置で構成されるシステムで、表に示すジョブA、Bを実行する。この二つのジョブが実行を終了するまでのCPUの使用率と磁気ディスク装置の使用率との組合せのうち、適切なものはどれか。ここで、ジョブA、Bはシステムの動作開始時点ではいずれも実行可能状態にあり、A、Bの順で実行される。CPU及び磁気ディスク装置は、ともに一つの要求だけを発生順に処理する。ジョブA、Bとも、CPUの処理を終了した後、磁気ディスク装置の処理を実現する。

ジョブ ┃ CPUの処理時間 ┃ 磁気ディスク装置の処理時間

A   ┃ 3       ┃ 7

B   ┃ 12      ┃ 10

   ┃ CPUの使用率 ┃ 磁気ディスクの使用率

ア  ┃ 0.47   ┃ 0.53

イ  ┃ 0.60   ┃ 0.68

ウ  ┃ 0.79   ┃ 0.89

エ  ┃ 0.88   ┃ 1.00

【解答】

問題文より、CPUと磁気ディスクは、「実行を終了するまで」の使用率を計算すれば良い。

とすると、ジョブAはスタートからすぐにCPUがスタートし、CPUの処理の後に、すぐに磁気ディスク装置の処理に入る。

ジョブBは、「ともに一つの要求だけを発生順に処理する」から、ジョブAの3秒を待った後に、12秒のCPUの処理を行う。

ここで、ジョブBは磁気ディスクの処理に入る前に、3秒+12秒=15秒の時間を使用し、その時にはジョブAの磁気ディスクの処理は3秒+7秒=10秒の時点で終わっているから、CPUの処理の後に、すぐ磁気ディスクの処理10秒を行うことになる。

よって、ジョブAがスタートして、ジョブBが終了するまでの時間は、15+10=25秒となる。

あとは、CPUの処理時間3秒+12秒=15秒、磁気ディスクの処理時間10秒+7秒=17秒が、この25秒のうちの何%であるかを計算すれば良いのみであるから、

15 / 25 = 0.6

17 / 25 = 0.68

となる。

よって、CPUの処理は0.6、磁気ディスクの処理は0.68となるから、解答はイとなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする