統合失調症によるうつ症状で20万円を失った話

10年以上前、僕は統合失調症によるうつ症状が強く出ていました。物凄く辛かったので、基本はベッドの上で過ごしていました。この頃は、寝ても覚めても昔の嫌な記憶が絶えず頭の中を駆け巡っていました。

そんな中、僕はグーグルアドセンスの振込口座について、アメリカのシティバンクを利用していました。当時、アドセンスは報酬について、小切手での提供を行っており、日本の銀行では手数料がかなりかかってしまうためです。シティバンクであれば、無料で小切手を換金してくれますし、ドル建てで20万円以上の預金があれば、口座維持費が無料になったためです。

口座維持費。みなさまはご存じでしょうか? アメリカなど海外の銀行ではよくあることなのですが、銀行口座の維持について、毎月かかるお金のことを言います。しかも結構高額で、シティバンクの場合は月に2100円ほどかかりました。年間に直すと25,200円になります。

しかし、この口座維持費を無料にする裏技がありました。それが預金残高です。日本円で50万円以上、またはドル建てで20万円以上のお金を銀行口座に入れておけば、口座維持費は無料になるのです。僕は、このシステムを利用して、ドル建てで20万円以上のお金を銀行口座に入れて無料にしていました。

しかしある時、何かの物品をドルで購入する必要が生じたため、一時的にシティバンクの口座から引き落としました。またすぐにアドセンスの収入(数千円)をシティバンクで入金すれば、20万円は維持できる状態でした。

しかしその後、僕のうつはどんどん悪くなり、シティバンクに行くことすら出来なくなってしまいました。僕は銀行口座のことなど頭から忘れてしまいました。

そうこうしているうちに、シティバンクの口座から、口座維持費が抜かれるようになってしまいました。毎月2100円です。どんどんどんどん抜かれていきます。

しかし、僕のうつ症状は良くなりません。口座維持費が抜かれていることは理解していたのですが、どうしてもシティバンクに行き口座を解約することが出来ません。この頃、僕は名古屋市に住んでいたのですが、シティバンクは栄にしかなく、僕の家から50分ぐらいかかる場所でした。強いうつ症状に悩まされる僕にとって、まさに永遠とも言える道のりです。

結局、僕のうつ症状は、シティバンクの口座が0円になり、自動的に解約されるまで良くなることはありませんでした。20万円は消えました。まだせめてギャンブルで消えたほうが納得感があるだけマシな使い方です。これ以上ないほど無駄な使い方です。

シティバンクの個人部門は既に三井住友グループに部門ごと売却され、日本でシティバンクのニュースを聞くことは余り無くなりましたが、今日久しぶりにシティバンク関連のニュースを聞いて、このことを思い出した今日このごろです。

みなさまもうつ病にはぜひぜひ気を付けてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする