「君の名は。」のオススメ。

「天気の子」を視聴後、アマゾンプライムに「君の名は。」も来ていたので、一度見たことがあるのですが、もう一度視聴しました。とても面白かったです。

序盤は「滝くん」と「みつは」が夢で入れ替わっていることがメインに取り上げられ、二人がそれぞれの人生を問題なく過ごすために、入れ替わっても無難に過ごすようにルールを決めるのですが、二人ともそのルールの枠外で色々とトラブルを起こしてしまい、しかしそれが逆に良い方向にもつながることがあり、といったコミカルなエピソードが流れます。

僕はこのエピソードが流れているとき、「心がきゅんきゅんするんじゃ~」みたいな状態になりました。もう40歳を超えたまごうことなきおっさんなのですが、余りにもすがすがしいので身をくねらせてしまいました。

そうして「入れ替わり」にも慣れたころ、物語は大きな転換を見せます。滝くんとみつはの「入れ替わり」が行われなくなってしまったのです。

滝くんはその原因を探るべく、みつはの故郷に行くのですが、みつはの故郷は… というストーリー。

ここで二人の「入れ替わり」に追加して、大事な要素が明かされるのですが、ここでは記述しないことにします。もう6年も前の映画ですし、既にテレビでも配信しているので、既に興味のある方は見ていると思いますし、ネタバレもネットにあふれているので、知らないことは無いと思うのですが、ぜひとも実際の映画を見て、感動を味わって欲しいからです。

紆余曲折あり、二人は大きな問題を解決しますが、解決して終わりにならないのが新海監督の映画です。滝くんとみつはは無事に出会えるのか?本当に?というところまで、しっかりと描き切ります。新海監督をご存じの方は、彼の作品が必ずハッピーエンドに終わるとは限らないことをご存じだと思いますので、非常にドキマギすると思います。僕もドキドキしました。

以上、ということで「君の名は。」の紹介でした。ぜひぜひ見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする